このセミナーは終了しました。

数式を使わない的確な定量的データ分析法と品質管理への応用 ~演習付~

~視覚に訴えるグラフを活用した定量的データ分析法、外れ値の多いデータの分析方法、豊富な事例と品質管理への応用~

概要・散布図、折れ線グラフ、系列の色分け、箱ひげ図といった視覚に訴えるグラフを活用した画期的データ分析法を修得し、品質向上に役立てよう!
・統計的グラフを活用した見える化手法で「すぐに使える」データ分析術!
カテゴリシステム・ソフト・通信
日時2013年11月18日(月) 10:30〜17:30
受講対象者・データ分析に関心はあるが、数式をなるべく使わずに効果的な分析を行いたい方
・組織の品質マネージメントに携わる方
・プロジェクト管理に携わる方
・データの収集と分析に携わる方

*ソフト部門だけでなくハード部門の方にも参考になる内容です

予備知識特に前提条件としてはいないが、以下の知識・経験はあるとベター
・Excelのグラフ機能や統計関数の操作に関する知識
・データ収集と分析に関わった経験
修得知識・グラフ化のテクニック
・外れ値のあるデータの分析方法の基本
・基本的な統計量(標準偏差、相関係数、中央値、四分位範囲、回帰係数など)
・ロバスト統計手法の初歩
講師の言葉 データを定量的に分析するには、どんな分野のデータでも外れ値に気を付ける必要があります。外れ値に惑わされずに的確にデータ分析する方法を、難しい数式を使わずに、散布図、折れ線グラフ、系列の色分け、箱ひげ図といった視覚にうったえるグラフを活用して紹介します。また、データ分析結果を品質管理にどう活かすかについても、実データに基づいて紹介します。豊富な事例と事例を使った演習を通じて、参加者が確実に理解できる構成になっています。外れ値に影響を受けにくいロバスト統計手法の概観から、Excelによる箱ひげ図作成方法といった明日から使えるテクニックまであり、組織の様々な役割の方々に役立つ内容ですのでご期待ください。
プログラム1. ナイチンゲールと統計学

2. 定量的データの正しさ

3. 外れ値とその原因

4. 外れ値の例(製造業に関する統計データ、ソフトウェア関連データ)

5. グラフを活用したデータ分析法(演習と事例を含む)
  (1). 散布図と相関分析
    a. 散布図とは(3変数の表現、外れ値の実例など)
    b. 相関分析(相関係数、分析結果の活用、相関係数の落とし穴など)
  (2). 散布図とゾーン分析
    a. ゾーン分析とは
    b. ゾーン分析の事例検証
  (3). 箱ひげ図と比較分析
    a. 箱ひげ図とは(四分位数、外れ値の定義、株価チャートを使った作成方法など)
    b. 箱ひげ図による比較分析(工程別バグ密度への適用、散布図への適用など)
  (4). 時系列グラフと傾向分析
    a. 時系列グラフとは(折れ線グラフで描く時系列、散布図で描く時系列など)
    b. 時系列グラフによる傾向分析(複数時系列の傾向分析、色分けの単純化など)
      [補足]移動平均グラフと適用事例
  (5). 散布図と回帰分析(最小二乗法、累乗回帰式の活用、回帰直線の落とし穴など)

6.箱ひげ図によるバグデータ分析事例と品質管理への応用
    a. ねらいとデータの特性
    b. 工程別バグ件数のパターン化
    c. 各パターンの工程別バグ密度
    d. パターン別品質管理のポイント

7.グラフを使った“うそ”
 グラフの使い方を間違えると人に誤解を与える結果となるので注意を要する
キーワード定量的データ分析 品質管理  外れ値 ロバスト統計手法 散布図 箱ひげ図 時系列データ 回帰分析 ゾーン分析
受講料(消費税込)1名:47,250円
同時複数名申し込みの場合1名:42,000円
会場日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
JR「新宿駅」西口から徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
協賛